土のう袋の申し込み【万が一に備えることができる】

MENU

教室

專門の製造販売会社がある

映画館やイベント会場で使われている客席は、專門メーカーが製造販売しています。一度に大量発注することもあるため、購入する会社は座り心地などをしっかり確認することが大切です。比較してより良いものを選びましょう。

工事現場

安価なものもあります

土のう袋はホームセンターでも取り扱われていて、安いものでは50枚入っていても1,000円代で買うことができます。より耐候性が強いものや植物の種子が付着しているものもあり、それらは安価なものの数倍の料金はかかります。

座席

施設用の椅子を設置

劇場やコンサートホール・アリーナなどの施設には大勢の人が集まるため、大量の客席用椅子が必要になります。専門の施設用椅子メーカーに注文すれば、施設の種類や雰囲気に合わせた最適な客席を設置することができます。納品した椅子のメンテナンスや定期的なクリーニングも客席用椅子メーカーのサービス内容の1つです。

工事

特徴や材質などをご紹介

土のう袋とは、布袋の中に土砂を入れて使用する土木資材の事です。主に土木工事や水害時に重宝します。基本のサイズは約48cm×62cmで、一般成人がなんとか持てる位の重さです。「PE」や{ポリエチレン」で作られており、グレードや作り方によっては耐久性が変わってくると言われています。

作業員

人気のものを探そう

客席の設置には工事が必要だったり、専門的な商品を発注したりするものです。できれば人気のメーカーの商品を発注しましょう。使いやすく品質の良いものがお勧めです。そのためには情報を収集し、直接、メーカーから購入するのもいいかもしれません。

建設現場での選び方

土嚢

耐久性に違いがある

水害が発生した時に利用される土のう袋ですが、建設現場でも様々な用途で利用されています。土や泥を掘った時に回収するのに使ったり、大きな段差のある現場を平らにしたいときにも土を入れた土のう袋を置いて作業場を確保するのにも使われます。一言で土のう袋といっても、素材や耐久性に違いがあるため、使用場所に応じた土のう袋を選ぶようにしてください。麻でできた土のう袋もありますが、現在ではほとんど流通しておらず、ほぼ全ての土のう袋はポリエチレンでできています。ポリエチレンは重い物を入れても破れにくく、軽くて安価という特徴があります。麻袋は袋だけでも重くなり、価格も高価です。回収した泥を入れておく用途であれば、安価な土のう袋で十分でしょう。建設現場で土や泥を掘るときには大量になるので、安価な方がたくさん用意しても費用が安くて助かります。現場の足場として土のう袋を使う場合には、短期間しか使わないのであれば安価なもので問題ありませんが、ポリエチレンは紫外線で劣化しやすい特徴があるので、長期間太陽に照らされると弱くなりボロボロになってしまいます。そんなときには、紫外線に強いタイプのものを使う方がよいでしょう。価格は2倍程度してしまいますが、安いものでは数ヶ月で劣化してしまうのに対して、UV加工されている土のう袋であれば、2年程度はもつと言われています。耐久性のある土のう袋を使用していたとしても、基本的には再利用をしないものと考えて下さい。